手軽にできる販売方法の電話でのセールスは一定ルールを守ることが大事

固定電話が必ずあったひと昔前とは異なり、現在は必ずすべての家庭に固定電話があるわけではありません。
賃貸物件を借りるにしても昔なら、固定電話が無ければ契約ができなかったものの、今は携帯電話でも全く問題がなくなりました。
とはいえ固定であっても携帯であっても、時代が移り変わろうとも通信手段として、人々の生活に電話は欠かすことのできないアイテムです。

プライベートやビジネス、趣味などあらゆることで電話を使いますが、販売目的で電話を使うケースもあります。何も知らずに電話営業のコールをとった時、多くの人は予期していなかったことで少し驚いたり、とらなければよかったと考えますが、事業者側にとっては電話営業程手軽な販売実施手段はありません。

まず電話を用いての営業が絶対にいけないわけではないということを前提に、電話営業をかけるならルールを失念しないことも大事です。
顔が見えないだけに言葉巧みにトークをかまし、強引ともいえる手法で相手が受け入れてもいないのに、商品を購入するよう強制的ともいえる言い方で勧誘をするのはいけません。
法律がそれを黙っていることなく、違法行為として指摘されてしまいますし、契約に結び付かなかったとしても会社全体からの評判を一気に落とすことになります。

物を売りたい事業者側から進んで営業を働きかけるような販売手段、取引に関しては通信販売や訪問販売同様の扱いです。
インターネットを介するかセールスマンが出かけていくのか、電話を使うかなどの違いはありますが、これらは全て特商法の適用を受ける取引方法に値します。

具体的に特商法で見た際に電話をかけて物を売るとか取引を成立させようとするのは、電話勧誘販売に当てはまりますので一定ルールでの規制があることも忘れてはなりません。
ターゲットとなる消費者たちの個人情報から電話番号を特定して、販売者側が自宅の固定電話や本人の携帯電話、あるいは大胆にも職場にまで電話をかけて商品を売り込むこともあります。

中には本当に興味を持つ人もあり、あらゆる手段で購入の申し込みにつながることもあり、結果の出ない販売法でもありません。消費者側が電話営業により商品に強い関心を抱けば、そのまま電話で契約したりメールやFAXで購入を申し込みすることもあります。

ですが特商法が関わることから、設けられた規制を事業者側は厳守して、消費者を追い詰めるような強引すぎる営業トークは慎まなければなりません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です